1*ときどき*5 私のこと、ときに家族のこと

大津島


e0063463_08484801.jpg
e0063463_08482991.jpg
e0063463_06515498.jpg
e0063463_06111154.jpg
徳山港へ戻ります

大津島馬島港の周辺はお天気がよければ
のんびりとお散歩しても気持ちよさそうです

猫さんもいて、巡航船を待つお客さんに人気でした
e0063463_21224156.png
EOS Kiss X7

トラックバックURL : https://potesala.exblog.jp/tb/24677329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aki-carvinglover at 2016-09-24 08:28
最後の写真、後ろ髪引かれる感じがいいね(*^^*)

↓記事もその時代に生まれていたら、
それがごく当たり前のことで、
それぞれ心に思う葛藤がありながらも決してそれは口には出さず。
厳しい時代だったのだと思う。
今のこの穏やかさがあるのは先人に感謝ですね。
Commented by kirin_1117 at 2016-09-24 08:51
素敵なところですね。
全然知らなかったので、検索してみます*^^*
Commented by pote-sala at 2016-09-24 08:57
★akiちゃん
雨だったから余計哀愁漂ってました。
昨日の記事へもコメントをありがとう。
「考えること」をやめたくない、と思い、
何かしら感じ取ってきたいと訪れました。
考え方は色々あるでしょうけれど・・。
Commented by pote-sala at 2016-09-24 09:01
★kirinさん
島のほんの一部しか見てこられませんでしたが、
穏やかな雰囲気の島でした。
去年妹夫婦を訪ねたときに教えてもらったんです。
お天気悪かったけど行ってきて良かったです。
Commented by yume-maboroshi at 2016-09-24 09:52
山口の旅お疲れ様でした。あいにくのお天気だったみたいね。
でも、だからこそこの雰囲気がとても素敵です。
昨日の写真のコメント欄あいてなかったけど考えさせられました。
何もできないけどこうやって写真を撮ることで伝えることはできる。
山口だけでなく日本中どこでも 時代に生きてたんだね
とてもいいシャシンです。
Commented by maxiah1818 at 2016-09-24 10:49
みているとキューンとなる写真ですね。
前回の記事の余韻が残っているからかしら。
自分の意見をちゃんと持っていらっしゃるpoteさん。
わたしはどちらかというと
見ていると辛いことは避けてしまう。
ちょっと考えてしまいました。

いちばんラストの写真、いいなぁと思いました。

Commented by のんのんのっこ at 2016-09-24 11:32 x
こんにちは。

お彼岸の季節に、ちょっとひなびた景色。
昭和チックで、セピア色のお写真がとてもマッチしていますね。
しばし時間をさかのぼる旅。
でも、そこでの生活も垣間見えます。

行き先は、重く垂れこめた雨雲が暗示していましたね……
合掌
Commented by li_se at 2016-09-24 12:03
こんにちは。
しっとりとしたセピア色の風景が
よけいに哀しい記憶を呼び起こさせるようです。
遺されたものから何を感じるかは人それぞれ、
ですが感じようとする気持ちは忘れたくないですね。
Commented by pote-sala at 2016-09-24 12:09
★ta-taさん
傘の手放せない旅行となりましたが、
おかげさまで土砂降りというほどでもなく、逆に
いい雰囲気だったのです。

そんな時代だったから仕方ない。
そんな一言ではすまされない、でも賛美するつもりはありません。
少しでも「確かに起こったこと」に触れたいと思い訪ねました。

静かな島でした。
いいシャシン・・ありがとうございます。
Commented by chocoyan2 at 2016-09-24 13:36
こんにちは(^^)
セピア調が懐かしさ感じる雰囲気で素敵ですね。
二つのスコップがなんだか夫婦のような感じに見えて
ほっこりした気持ちになりました。
↓の写真でもいろいろ考え込みました。
父や父の兄から当時の話を聞くことがありますが
もっと心の中に刻んでおかなくちゃって…
Commented by moco-mo-coco at 2016-09-24 15:37
poteちゃん こんにちは♪

カラーもいいけど、モノクロやセピアのお写真を
見たり、撮ったりしてると
懐かしさなどがあるからなのか
写真っていいな。と私の中で思う瞬間のひとつでもあるんです*^^*
素敵なお写真をありがとう♪
↓のお写真。見ながら
以前何かで読んだこと思い出し
心がキュッと痛くなりました。
読んだ話、聞いた話を決して忘れてはいけないなって。。


Commented by chibinosukechan at 2016-09-24 18:48
同じ写真でも、セピアで撮るとまた違った感じですごく良いですね!どこか懐かしさを感じるような写真です。最後のが特に好きです(^-^)
Commented by pote-sala at 2016-09-24 20:22
★あいさん
つい回天記念館の資料などに感情移入してしまいました。
だから少しせつないイメージになってしまったかも・・。

辛いことは避けてしまう。
自分もそうです。
もし自分だったら、でも私の身に起こることはない。
そんな風に考えてしまいます。
ネットなどで知ることもできるけど、
今回は肌で感じてこようかと行ってきました。

最後の一枚はその場面を見てすぐカメラを構えました。
ありがとうございます。
Commented by pote-sala at 2016-09-24 20:31
★のんのんのっこさん
は~~い♪
今回私がこの大津島を訪れたのは回天記念館がメインでしたが、ここはそれだけの島ではないはずです。
船に乗り込むときに郵便物を入れた袋を受け渡していたり、すぐ目の前に人家のある港もありました。

空は重たく淋しいイメージになってしまったけど、
迷わずこの島ではセピアに設定を変えました。

Commented by pote-sala at 2016-09-24 20:48
★りせさん
は~~い♪
遺されたものから何を感じるか。
そうなんです、人それぞれ。
哀しいとか、同情を禁じえないとか、
はたまた愚かなことだと思うか。
それは人それぞれの考え方です。

そういえば、りせさんが砲台跡を撮ってらしたのを
もう2度と使うことのない場所なんだよなと拝見したことを思い出しました。
考えること、感じ取ること、そしてta-taさんも
おっしゃってくださっています伝えること。
私達にもできるはずですもの。
Commented by enjoy_sealife at 2016-09-24 22:18
こんばんは。
カラーでみると、落ち着いた港町?と思うのですが
白黒になると、現在と昔が入り混じった景色に見えます。

↓ひとつ前の記事、考えさせられます。
かみさんの父親、もう少しで特攻として飛び立つところ
でした。終戦が伸びていたら?恐らくかみさんと出会う
こともなかったし、ブログも開設していないし、こちらに
コメントをすることもなかったと思います。
あなたの言葉のひとつひとつに、過去と向き合う勇気を
感じました<(_ _)>
Commented by yu_r_ho at 2016-09-25 00:40
セピアのお写真素敵ですね*^^*
最後の船のお写真が1番好き☆
写真撮るようになってから船とか飛行機とか
今まで以上に好きになりました^^
好きなものが増えるって素敵な趣味だな!と思う今日この頃です♪

90近い近所のおばあちゃまから時々聞く過去の話・・・
彼女は「聞いてくれて嬉しい!」って楽しげに話すけど、内容は辛いです
語れる人が少なくなってる今、もっといろんな話を聞きたい!知りたい!と思いました
彼女のところにまた行ってこようかな?
考えるきっかけをくれて、poteさんありがとう!
Commented by pote-sala at 2016-09-25 15:30
★chocoさん
は~~い♪
セピアって不思議な感覚になります。
晴れた日だったら「セピアで撮ろう」なんて
気持ちにはならなかったかもしれません。
スコップのほかにもねこ=一輪車(しかも草がはえてる)もあって、ちょっとそそられる風景がそこかしこにありました。
自分に近い人の実体験を聞くことができるのは
とても貴重なことだと思います。
Commented by pote-sala at 2016-09-25 15:37
★mocoちゃん
は~~い♪

たま~~にこんな風合いで撮ると一瞬タイムスリップしたような感覚になるね。そんなことができるのが写真の楽しさだったりする♪うんうん♪

自分達の次、そのまた次の世代が
「昔こんなことがあったんだ」って知ったときに、
「ふーーん」で終わらせてもらいたくないな、って思う。
だから私たちも知ったこと聞いたこと見たことを
忘れないようにしたいです。
Commented by pote-sala at 2016-09-25 15:40
★ちびのすけさん
自分が子供の頃の写真をもし今見たら、
こんな風にセピア色しているのかな。
そう思うとつい今しがた撮ったばかりの写真でも
セピアだと懐かしさがにじんでくるようです。
最後のは自分でもすごく気に入っています。
ありがとうございます。
Commented by pote-sala at 2016-09-25 15:55
★シュウイチさん
は~~い♪
静かな瀬戸内に浮かぶ島の1つ。
確かに華やかさはなかった・・(@´゚艸`)ウフウフ
まるで遠い昔に見たことのあるような・・、
そんな感覚にもなるセピアです。

戦争は人生の歯車を大きく変えます。
1日違っていたら全く違った結果になっていた。
そんな方が大勢いらっしゃると思います。
私の母が満州からの引揚者です。
幼かった母の記憶はそれほど多くはないけれど、
それでも一歩間違えば私なんぞこの世に存在しなかったのだと容易に想像できます。
これからも見たり聞いたり、そして考えることを
やめたくないです。
Commented by pote-sala at 2016-09-25 16:01
★ゆうほちゃん
好きなものが増える。
いいな、と思う瞬間が増える。
=楽しいことが増える♪
いいじゃ、いいじゃぁー!!
これからも楽しく撮りましょう♪

ご近所のおばあちゃまはお話することで、
少しずつだけど荷物を降ろしてらっしゃるのかも・・。
ずっとずっと抱えてきたものを少しずつ・・。
ゆうほちゃんみたく真剣に聞いてくれる人に対して
真剣にお話してくれるんじゃないかな・・。
Commented by nyanko4116 at 2016-09-26 03:29
山口の旅、楽しませていただいております^^
昔子どもの頃、
『おいでませ、山口へ・・・』というTVCMがあったことを
突然思い出しました(笑)

港の雰囲気が、モノクロ写真にぴったりはまって
素敵です♪
Commented by pote-sala at 2016-09-26 06:56
★にゃんこさん
いつもありがとうございます。
おいでませ・・。
しっとりとした響きでいいですね。
私が行ったときも「おいでませ山口」ののぼりが
たっておりました。
あちらの言葉は荒っぺぇ伊豆言葉と違って、
やわらかいです。
モノクロのこのモード、はまりそうです(@´゚艸`)ウフウフ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pote-sala | 2016-09-24 07:01 | 写真 | Trackback | Comments(24)