1*ときどき*5 私のこと、ときに家族のこと

安直楼


e0063463_20533378.jpg
「唐人」と蔑まれながらも幕末ハリスに仕えたお吉
その勤めを終えた後も偏見は続いたのだそう

下田で「安直楼」を開業するが既に酒におぼれる日々
最期は入水してしまう

e0063463_20531709.jpg
船大工が造ったという安直楼
天井は船底をひっくり返したような形



お吉には許嫁がいてその彼と一緒に暮らした時期もありましたが、
添い遂げることはできませんでした

e0063463_20521189.jpg
e0063463_20522176.jpg

e0063463_20523100.jpg
e0063463_20530128.jpg
安直楼の二階から


哀れな女と言ってしまえばそれまでかもしれません

時代の変化の大きな波に抗えずとも
懸命に生きようとした1人の女性がいた
それは確かなことだと思います

この日、下田は黒船祭でにぎわっていました
e0063463_21224156.png
EOS Kiss X7


by pote-sala | 2017-05-23 06:45 | 写真