1*ときどき*5 私のこと、ときに家族のこと

ちょっと長いひとりごと

先日とあるテレビの番組で
人間の仕事がテクノロジーに取って代わられる・・って話をしていました。

機械が仕事してくれて人間が趣味や家族との時間をたくさん持てればいいけど、
そんな楽園みたいな生活ができるとは思えないよね。

大半の人が職を失っていくんだろう。

私は事務・経理職なんだけど、
いの一番にAIに仕事持ってかれるな・・025.gif
e0063463_12435269.jpg
AIやテクノロジーは人間を助けてくれるけど、決して万能じゃない。

人間は心をこめて創造する。
音楽、絵画、料理、映画、写真、建築etc
それに対して心を震わせる。
それは人間にしかできないよね。

*** *** ***

この二眼は写真屋さんのカウンターにあったものです。
写真撮りたい~って言う私にご主人は背景にする布を
出してきてくれました。
セッティングしてくれてる間も待ちきれなくてパシャパシャ撮ってたら
「まだだってば、全く~~」って笑われちゃいました。

ご主人はいつも「写真は心だよ」っておっしゃいます。
e0063463_21224156.png
EOS Kiss X7

トラックバックURL : http://potesala.exblog.jp/tb/24240083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aki-carvinglover at 2016-03-22 07:35
待てない心が映り込む。

焦ったよ〜。
poteさんまで二眼買ったのかとw

私の仕事も同じく真っ先に持ってかれる仕事だな。
趣味だけに生きられたら楽しいけど、
いろいろ生活があってその制約のある中から見出す時間に時間に好きな事をするから楽しみも倍増するんだろうな。
Commented by のんのんのっこ at 2016-03-22 12:17 x
こんにちは。

「写真は心」
そのとおりだと思います。
同じことをおっしゃる方を、他にも知っています。

技術の進歩で生活はどんどん便利になっていきますが、
そんな中で、逆に機械に振り回され、
人間らしい心を失っていくのではないかという不安も感じさせられるこの頃。

私がpote-salaさんの撮るお写真や文章に惹かれるのは、
そこに温かな、血の通った「心」があるからだと思います。

人間にしかできない「心」をこめた創造。
ずっとずっと大切にしたいことですね。
Commented by purebliss at 2016-03-22 13:27
写真はこころ ですか。。
はっとしました
私の写真は こころ があるだろうか。。と
これからもそう思いながら撮らないといけませんね。。
ありがとう
Commented by yu_r_ho at 2016-03-22 14:06
poteさん こんにちはー☆
おっと!私も経理事務^^
私が処理するよりAIに任せた方がミスなくていいかも!?
でも「人間は心をこめて創造する」って確かにそう思います^^
誰かのことを想って創造するのは人間だけ!
AIに人間関係や心の内まではお任せはできないのだ☆

二眼って心惹かれる被写体ですよね♪
私も明日二眼写真出しまーす(mocoちゃんのところで既出だけど^^;)
セッティングまでしてくれるご主人の心意気にほほえみを*^^*
Commented by nonshi24 at 2016-03-22 15:38
こんにちは。
二眼写真いいですね~。
優しい写真屋さんですね。
私も近くでしたら心から撮ってみたいです♪

実は・・私も経理事務員です^^
今、母の介護休暇中なのですが
4月から職場復帰します。
共通点みっけ、嬉しいです♪

AIはきっちりと仕事をこなすけれど
最後はやはり心。。
おっしゃるとおり創造する力は
人間には叶わないと思います。。
もちろん、写真もね(*^^)v

Commented by moco-mo-coco at 2016-03-22 18:51
poteちゃん こんばんは♪

いいなぁ二眼*^ ^*
一度は自分でも撮ってみたいけど
難しそうなので無理だけど
夢持っててもいいよねー(笑)
写真は心。写真を撮りだした頃に
そのような言葉を何かで読んだことがあって
それを目指してるけど
まだまだ道は遠い‥。
あーー二眼っていいよねー*^ー^*
いつもありがとう♪
Commented by jasminetea-m at 2016-03-22 20:01
ミノルタで作ってた二眼なんだね。
レンズにシチズンって書いてあるのも、何だか凄い。
時計メーカーでレンズ作ってたんだね。
知らなかった・・・。

機械が上手く処理してくれても、何だか虚しいね・・・。
機械と人間のバランスが上手く保たれた未来だったら良いけど。
絶対バランス崩れる気がするよ。
昔見た映画のように・・・、怖いな。
Commented by pote-sala at 2016-03-22 20:47
★akiちゃん
あはは、撮りたい気持ちが前面に出てます。
私に二眼はおろかフィルムカメラは無理です。
かなしいかな、テクノロジーのおかげで写真が撮れている
私です。エヘヘ(*´・∀・`*)ゞ
好きなことだけして生きられるわけでなし、いろんなことこなして作った時間だからこそワクワクするんだよね。
Commented by pote-sala at 2016-03-22 20:53
★のんのんのっこさん
は~~い♪

便利な世の中だけど、その分他人を思いやるという機会を
失っていると思うんです。
PCやケータイですぐ自分の考えていることを伝えられます。
安易な分余計に心を添えていかなくては・・・。
のっこさんにそう言っていただき改めて思いました。
人間にしか出来ないことを機械に譲るわけにはいきませんよね。
Commented by pote-sala at 2016-03-22 20:56
★pureblissさん
はい、写真を撮るのも形にして残すのも「心」なんだよ、と
その方はおっしゃいます。
pureblissさんのお写真1枚1枚にたくさんの思いをぎゅっと
込められています。
そのお写真には必ず「こころ」があるはずです。
私もカメラを持つたびに「こころの在処」を確認しようと思います。
Commented by pote-sala at 2016-03-22 21:02
★ゆうほさん
は~~い♪
AIは正確無比、たんたんと仕事をこなすんでしょうね。
私みたく後から「poteさーん、数字があわないよー」って
言われることもないだろうし。
でも、人間の気持ちの揺らぎや思いやりまでは
トレースできないよね、どんなに完璧なAIでも。
仮にミスが見つかって謝罪するにしても菓子折りもって
行くなんてこともしないだろうしねー。
(どんだけ重大ミスなんだ?)

お店入った途端の二眼でした。
使うことはできないけど、とても愛着わくのです。

おー、ゆうほさんも二眼だすのね!!楽しみ~~。
んじゃ、私、「竹写真」出しちゃうよ~~~。
Commented by pote-sala at 2016-03-22 21:07
★かほさん
は~~い♪
嫁にきた時からずっとお世話になっている
写真屋さんです。娘達の写真をたくさん焼いていただきました。行くと四方山話に花が咲くんです。

かほさん、4月から仕事復帰♪
新しい季節にふさわしい転機ですね。
何気なく共通点があって嬉しいです。
でも、私はすっとこどっこいです(。・Д・)ゞ

綺麗な風景を見て「写真にしたい。」
綺麗な人を見て「写真に撮りたい。」そんな風に
心を震わせることができるのは人間だけ。
おおいに撮りましょう~~。
Commented by pote-sala at 2016-03-22 21:11
★mocoちゃん
はい、こんばんは♪
あえて撮りにくいもので撮ってみる。
いつかそんなことが出来たらいいね。
そうそう夢は持ち続けましょ♪

写真には心がこもっている。
撮りたいと思った心。残したいと思った心。
その心は誰の写真にもちゃーんと存在しているはず。
そう思います。
Commented by pote-sala at 2016-03-22 21:15
★jasmineさん
そうそう、機械と人間のバランス!
機械に振り回されるのは嫌。
かといって人間が怠惰になってしまってもダメ。
いい具合にバランスって取れるとは思えないよね。

二眼の形も好きだけど、
意外な社名が刻印されててびっくり。
なんとなく字体も柔らかくていいな~、なんて思ってます。
Commented by maxiah1818 at 2016-03-22 22:14
いい色合いですてき。
写真屋さんのご主人素敵ですね。
ちゃんとセッティングしてくださるなんて。
きっとpoteさんのお人柄がいいからでしょう。

わたしもすぐAIに負かされそうです。
いやいや、がんばるぞ^^
Commented by pote-sala at 2016-03-22 22:32
★あいさん
娘たちが赤ちゃんの頃からお世話になっている写真屋さんです。さっと布を出してきて、さっとセッティングしてくださいました。私が「わがままな客ですよねー。」って言うと
笑いながら「ホントだよーー」って。そんなこと言いながら、いつも写真のこれから、とか自分達の子供のこと、とか色んな話をしています。
ご主人のお人柄のおかげなんです。

技術革新、目覚しいです。
すごいですね、って感心するばかりでなく
「をいをい、ちょっと待てよ。」と待ったをかける声も
必要ではないかと思うのです。

仕事面では優秀なAIに負けそうな私の精一杯の主張です。
いやいや、負けちゃダメだ~~。
Commented by sion-kotonoha at 2016-03-22 22:58
こんばんは^^

便利になるほど、不便になるというか・・・
失われていくものがあるなあと
思うようになりました。

確かにAIは、優秀かもしれませんが
人間にしか出来ないコトも、ありますもの!

(職人さんの仕事なんて・・・
機械ではできないものありますののね^^)


やっぱり最後は
心の通ったあたたかいものが求められるような
そんな社会になるといいなあと思いました^^
Commented by enjoy_sealife at 2016-03-23 07:25
おはようございます。
人は機械と違って、成功と失敗を繰り返して、知識を学んで
いくけど、最近はテクノロジーに支配されてる感じです。
スマホで文字を変換「お」と一文字いれれば「おはよう」
お願いします」「おつかれさまです」心が読まれています。

でも、良い点も。私、あまり人づきあいが得意ではないのですが、
お顔の見えない方とネットを通して交流できるということは、
テクノロジーのおかげだと思っています。言葉も大切ですが、
文字で会話をすると、生意気だけど、相手の心もみえるかな(笑)

職場にいると、人間関係って大切。人間、機嫌の良い時も
悪い時もあるけど、仕事を終えて職場に帰ってきて、笑顔で
迎えられると嬉しいです。それは機械ではできないこと。
事務屋さんがぎすぎすしていると、会社の雰囲気も暗くなります。

写真は心、前回の海辺のお写真が当てはまるかな。
波打ち際を歩くふたり・・・色んなことを想像できるんです。
答えがひとつの写真もありだけど、見る人によって100通り
の答えがある写真って、想像力が無いと撮れません。
人間の勝ちです(笑)
Commented by harurei at 2016-03-23 09:40
おおっ、ミノルタオートコードの前身ミノルタコード!

こうしたブログの文章やコメントも
人が並べたものだから、おのずと人柄や雰囲気を纏うんよね。
最近は人工知能が小説を書いたという記事があって、少し読んだのだけど「へぇ・・」という感じw
人工知能が書いた小説の小説として読めば面白いかも(ぉ
きっと仕事も、AIがする仕事をサポートする仕事ができるんだろう。
Commented by precious_m at 2016-03-23 11:45
人だからこそココロのお付き合い…素敵なエピソードですね。
まるで、カメラを持って待ちきれない場面 奥から苦笑いしながらもちょっと嬉しそうな店主さんの姿が浮かびます。
機械もいいけれど、人の交流ってまわりの人もあったかくなりますね(*˙꒳˙*)‧⁺✧*
Commented by pote-sala at 2016-03-23 12:41
★紫苑さん
は~~い♪
便利になったのだから、人間にはゆとりができて、
心は豊かになっていく・・・はず・・・、なのに・・・。
なんか違うぞって思うことありますね。
失うものが優しさや思いやり・・だなんてことのないようにしたいものです。

和風総本家という番組をたま~~に見るのですが、
職人技に思わずため息が出ます。
職人さんの技術だって人から人へと伝わったもの。
だからこそのぬくもりですよね♪
Commented by pote-sala at 2016-03-23 12:50
★シュウイチさん
人を作るものは時間の積み重ね。
その時間の中でどれだけの人と交わるか。
良いこともあるし、叱られることもあるし、泣くこともある。
その積み重ね。
だからこそできる表情だし、表現だとおもうのです。

私はすぐ感情が表情に出てしまうんです。(単細胞)
いかんなー、それでは。
事務屋は会社の太陽であらねば・・o(`・д・´)o ウン!!

100通りの答えがある写真。
とても心にしみました。
AIが逆立ちしたって描けない物語。
これからも皆さんと綴っていきたいです。
ありがとうございます。
Commented by pote-sala at 2016-03-23 12:56
★はるれいさん
おおっ!二眼って萌えるよねー。

人工知能が小説を書いた・・っていうニュース見ました。
どれだけ語彙があろうとただの文字の羅列じゃん!!
・・・・って思おうとしています。

AIをサポートする仕事。
そうだね、「AIを使ってやる」「AIを手伝ってあげる」って上からもの申すぐらいでいいんだよね。
Commented by pote-sala at 2016-03-23 13:08
★MACHI*さん
カウンターに置いてあるこの二眼をなんの工夫もせず
そのまんま撮ろうとしていた私です。
「背景それでいいの?」って言いながら布を出してきてセッティング。撮る間この布の端っこを持っててくれました。
ペッパー君にはできない心遣いです。(って、店主に対してすんごい失礼ですね)
こんな何てことないふれあいがとても嬉しいです。
Commented at 2016-03-23 20:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pote-sala at 2016-03-23 21:46
★鍵コメさん(20:15)
いつもありがとうございます。
お伝えいただきありがとうございます。
早速行動致します。
名前
URL
削除用パスワード
by pote-sala | 2016-03-22 07:15 | ひとりごと | Trackback | Comments(26)