1*ときどき*5 私のこと、ときに家族のこと

もう一冊

フラっと寄ったCDショップの片隅にあった楽譜コーナー。
「ママ~~、プププ・・( ̄ε ̄)」っと娘が手に取ったのがこれ。
以前買った楽譜には「初めて」がはいっていなくて物足りない思いをしていたけど、これには、はいっているぞ。(でも、写真が不満!!)
ドラマも折り返し地点を通過し、だんだん、「人間模様」みたいになってきた。

e0063463_20262554.jpg

一見丸くおさまっているかに見えてる人間関係。

愛してはないけど、婚約者の元に戻ってきたユジン。
友達も母親も、婚約者の親も、とりあえず、ホッ・・・。

でも、サンヒョクの心の中は全然まるくおさまってない。
ただでさえミニョンに勝てないって思っているところに、
ミニョン=チュンサンの公式が判明してしまった。
「ミニョンさんのどこが好きなの?」っと訊いちゃったり、かと思うと「留学するよ、ね。」みたいなノリで留学決めてたし。
ついにはミニョンに頭下げて、なりふり構わず。
優柔不断なユジンをからめとリ~~。
やっぱり、再び捨てられるのは怖いよね・・・。もう、こうなったら意地?

本当に好きな人に対しては好きな理由なんてない。
そういえばミニョンにサンヒョクの好きなところ、を訊かれたユジンは一生懸命に好きな点をあげていた。
まるで、それを探すかのように・・。

ユジンは愛しているからサンヒョクを抱きしめるんじゃない。
とりあえず安心させてあげて、ちょっとでも疑われているんじゃないか、という「針のむしろ」から降りたいの。
「ポラリス」をミニョンに返し、ミニョンとつながるものは目に見えない「心」だけにしたから・・。

ず~~っと、そんな二人でいるのかなぁ。
一緒にいるだけつらいよなぁ。

ハッ・・・!!( ̄□ ̄)∥
・・・、サンヒョクがユジンを諦めればいいだけのコトじゃん!!

ん~~~~~。




トラックバックURL : http://potesala.exblog.jp/tb/22221017
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by pote-sala | 2004-06-29 08:09 | 冬ソナにひたるわよ! | Trackback