1*ときどき*5 私のこと、ときに家族のこと

究極のお人よし・・・?

大好きだった人にこっぴどくフラレて、「もう生きていけないかも、私」と言ったけど、時間になるとおなかはすいた。
食べるとなんだか落ち込んでたのが馬鹿みたいに思えてきて、次の日からも「自分を捨てた憎たらしい奴」と顔をあわすこともなんだか大丈夫になってくる。
いや、つらいんだけど、「大丈夫なんだ。」と思えた。

立て!サンヒョク!
そのままではただのあてつけだ。
「別れたい」と思ってる女からしたら一歩踏み出そうとしている自分の後ろ髪を思いっきり引っ張ってる、としか見えない。

でも、ユジンにベッドの横で泣かれても、仮にユジンがサンヒョクの元に戻っても、サンヒョクにはただ残酷なだけなんだよ・・。

なのに、そっと髪をなでて、口ではあんな風に言いながらユジンを憎みきれないでいる。
やるせなく点滴を抜き取る。

さてさて、愛するミニョンの「ポラリス」を身に付け、かたや愛してもいない婚約者とのリングを薬指にし、ユジンはどうするのかな。

おっと、某国営放送の公式サイトもチェックしてこようっと。



トラックバックURL : http://potesala.exblog.jp/tb/22218193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by pote-sala | 2004-06-13 16:44 | 冬ソナにひたるわよ! | Trackback