1*ときどき*5 私のこと、ときに家族のこと

何のための椅子でしょうか(^^)

e0063463_101088.jpg

椅子を買いました。

・・・て、なんの変哲もない、ただの折りたたみ椅子ですが・・??
だから?って感じですね。
こんなもの買って私は何をしようとしているのでしょうか~~。

釣りに目覚めた、とか??
突然アウトドア派に!!??


いえいえ、そうではないのです。

この椅子と一緒に持っていくのは、これで~~す。
e0063463_1054359.jpg


9月にはいり、地域のお祭りの練習が始まりました。
今までは笛と太鼓を鳴らしていた私ですが、
今年から三味線を持っての参加です。

週に2回練習がありますが、毎回場所が違います。
(お祭りのOBさんや若衆の庭先をお借りします。)
笛と違い三味線は立って弾けないので、「マイ椅子」を用意してみました。

ただ、今までの練習日はなぜか雨になってしまい、三味線の持ち歩きがかなわず、
椅子の出番はまだありませんが・・。

こんなちょっとした準備だけでわくわくが止められない私なのです。
e0063463_10134457.jpg

トラックバックURL : http://potesala.exblog.jp/tb/11144428
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tukusi-rika at 2009-09-16 10:56
こんにちは~マイ椅子はともかく マイ三味線をお持ちなんですか?
pote-salaさんって 多才なんですね(*^_^*)素晴らしいです!
私も 主人のお母さんの三味線を触らせてもらったことがありますが 中々難しい~(^_^;)
私の想像の中で 素敵なpote-salaさんの姿がどんどん膨らんでいってます(*^_^*)
↓病院でのお話し
思うことがあり過ぎちゃって‥‥
病院も商売 医者も看護士も1つの職業にすぎないんだということは しょっちゅう感じさせられます。たとえそうでも それを患者に感じさせないような配慮は絶対必要だと思います。
私が今まで生きてきた中で 強烈に思い出されるのが 母が亡くなった時のこと!母が亡くなる直前にナースステーションで 若い看護士がテーブルに足をかけてペディキュアを塗ってたんです。それもどす黒い赤色の‥ショックな事に母の最期の処置はその看護士が!
その時の主治医が最期の確認後 詰め所に戻って大笑いをしていたのを見たときは 固まりましたね~
しかも 落ち度だらけだったくせに‥‥
‥っと 私も こんな話が噴出しちゃいます
ごめんね 嫌な話を‥
Commented by pote-sala at 2009-09-16 21:52
★tukusiさん
こんにちは♪
私の三味線は中古品なんです。知人から只同然で譲り受けたもの。
多才だなんて、そんなことないですよ~。
三味線だって、お祭りの曲しか弾けないですもの。
しかも見よう見まね。お恥ずかしいです。
Commented by pote-sala at 2009-09-16 21:52
★tukusiさん
お返事の続きです。

病院の記事も読んでくださりありがとうございます。
医者にとってはたくさんいる患者のうちの1人かもしれない。
でもtukusiさんにとってはたった一人のお母様。
別れのときを納得いく形で受け入れられないのでは
悔やんでも悔やみきれない、やりきれない思いだったのではないでしょうか。
医者も看護士も人間ですし、「私」の一面があって当然です。
でもね、でもね、一生懸命生きようとしている患者やその家族には
そういう面は見せて欲しくないです。
いかにも「ビジネスです」ってところも見たくない。

以前インターンの学生が医学だけでなく「コミュニケーション」の勉強をする・・という特集をテレビでみたことがあります。
つまり患者さんとのやりとりです。
ええ?コミュニケーションって勉強するもの??
「頑張れ~、インターン生」っていうよりは呆れて特集見てた私です。

こちらこそごめんね。
つい、私も長くなっちゃった。
Commented by yumi at 2009-09-17 08:54 x
かっこいいですね!
三味線、憧れます~。

学生の時に、お琴をかじった時に、
「三味線もやってみない?」と誘われたのですが、
何せ、お稽古に通うお金もなく…

だから、今もずっと三味線に憧れてます。

お祭りで登場ってことは、
ノリのよい曲なのかな?
「チントンシャン」の三味線の音色もいいけど、
「ジャンカジャンカ ベンベン」の音色もかっこいいよね♪
Commented by pote-sala at 2009-09-18 21:56
★yumiさん
お稽古事はどうしてもお金がかかります。
お琴や三味線、長唄などは相場が全く分かりません。
すごく高いってイメージが先行します。
お祭りの三味線は今ベテランさんと一緒に練習させて
いただいてます。
ノリノリの曲もあるのですが、私にはチンプンカンプンで・・・。
4曲ある基本の曲をやっとこさ弾いています。
Commented by たかちゃん at 2009-09-20 07:38 x
おはよう~
三味線でお祭り格好いいですね(^_^)
ノリノリの曲わたしも聴いてみたいですぅ~
Commented by pote-sala at 2009-09-21 20:38
★たかちゃん
お祭りのノリノリの曲にあわせてとんだりはねたり?、盛り上がるのです。
太鼓もドンドコとノリノリのリズムで聴いてるだけで楽しくなっちゃうんです。
Commented by えありす at 2009-09-22 20:08 x
三味線、あのあれ、なんでしたっけ、かえってこいよの、あの子にようにしてするのも格好よさそうです。

でも、三味線なんて弦が3つ。
音階は和声音階ですか?

こちらは静かになりました。
「まつりはおわった…」
えーと誰のナレーションでしたっけ。
Commented by pote-sala at 2009-09-25 06:01
えありすさん
そちらのお祭りも盛大に行われたことでしょう。
お祭り終わった後の静けさって、日常に戻ったってだけなのに、
やけに静かなんですよね。

こちらのお祭りの曲、三味線で弾いてみると短調といえば短調。
和声音階:短調で第七音から八音が全音で進行する場合七音を半音あげる、っと聞きました。その音階がすんなりあてはまるか・・・というと
なんか違うような気がします。

かえってこいよ~は松村和子さん・・・、流しのように
三味線抱えて。
あの人は津軽三味線ですね。
名前
URL
削除用パスワード
by pote-sala | 2009-09-16 10:14 | ジモティ | Trackback | Comments(9)